オヤジ流・27センチ(1/6)ドールヘッドメイクの進め方

ドールヘッド
スポンサーリンク

ドールヘッド作家たちの作品が可愛らし過ぎる

この記事は書きかけです

イラストの参考画像である着物・和服姿の女子ドール作りに悪戦苦闘しています。

これまでに作ったものは着物と袴です。出来の良しあしはさておき、初めての手芸だったこともあり、できなりでよしとしました。

ですが、ドールのメイクはちょっと譲れないところがあります。私にとってのドールのメイクとイラストのキャラのメイクは根本的に同じものです。

ネットのオークションやフリマサイトでよく見かけるドールヘッドにはため息が出る程可愛らしいものがいくつもあります。すぐに同レベルの顔を描くのは経験値が違い過ぎて無理なのはよくわかっています。たとえそうであっても、自分なりに納得できるメイクを施したいものです。

そこで、何はさておき、十分な準備を行った上で描画に進みたいと思います。

この記事では、ドールヘッドメイクの準備段階として、iPadのカメラを用いた拡大表示と、PhotoDiaryを用いたプレビューモードにおける基準画像の重ね合わせによる描画支援システムの提案を行います。

ipadのカメラ機能を使ってみる

実際にルーペを用いてドールの顔を描こうとしたところ、ルーペを覗いた瞬間、「これは無理だ」と思いました。ルーペで見てもやはり小さいものは小さいのです。

ネットで出品しているドールヘッドのメイクを拡大してみてみると、例えば一本のまゆの線は頭髪の太さくらいにしか見えません。これを数倍程度に拡大しても、かろうじて線があるくらいにしか見えないのです。

そこで、ルーペの代わりにipadのカメラ機能を使ってみることにしました。

ipadの外側のカメラをドールヘッドの数センチのところまで近づければ、ズームを併用することで、画面いっぱいに表示できます。近すぎるとフォーカスが合いませんので、フォーカスが合う5,6cmあたりが限界でしょうか。

近すぎても、ペンや筆を間に入れられませんので、適度なサイズで妥協するしかありません。

既存の写真と比較できるPhotoDiaryを使ってみる

ipadのカメラを使うことで、ルーペと比べてもかなり見やすくなります。

折角タブレットという最先端の装置を使うわけなので、ノッペラボウのドールヘッドの上に、見本イメージが重ねられるアプリがないかと探してみました。

「フォト」「写真」「比較」で検索して見つけたのが、PhotoDiaryというiOSアプリです。アプリ本来の機能は、成長や進歩の状況を写真で記録するというものです。

過去と現在の差がきちんと比較できるように、既存の写真と同じアングルで撮影できるよう、比較イメージをプレビューに重ねられる機能を持っています。

次の写真は、ドールヘッドの拡大イメージ(プレビュー)です。リアルタイム画像となります。

ドールヘッドに数センチまで近づけたときのPhotoDiaryのプレビュー(ライブビュー)表示。5倍程度に拡大されている

見本イメージの透明度は右上にあるスライドバーで調整できます。今回用いた比較イメージは、線画です。

スライドバーを右に動かせば、比較イメージの透明度が下がり、比較イメージがはっきりしていきます。

さらに、バーを右に動かしてみます。

ドールヘッドの目は、瞳の部分がぷっくりと膨らんでいます。見本の白目の部分とヘッドの瞳のふくらみの位置とサイズを合わせると自然な目の表現ができる、かも知れません。

この写真は、最初に実験的に作った精度の乏しい段ボール製の治具を使っているため、見本とドールのサイズが合っていません。実際のメイクでは、カメラとドール間の距離や角度が可変で、剛性の高い治具を用意しています。

iPadとドールヘッドの固定具

実際の作画に当たり、iPadおよびドールヘッドの簡易固定具を用意しました。

iPadの固定には、車載用のアームを使いました。高さや角度が自由に変えられるタイプです。

また、ドールヘッドには、手作りの治具を用意しました。

適当なサイズにカットしたMDF材のBOX内部にスポンジ(すきまふさぎ用のスポンジテープです)をつけ、ヘッドを両側から挟み込む形にしました。

作業デスクはスチールなので、BOXが動かないよう四方を磁石で固定しました。

実際にメイクを進めてみる

実際にこの方法でメイクを進めてみました。

現在メイク途中ですが、これまでに気づいたこの方法の良い点、問題点を挙げておきたいと思います。

良い点

  • 拡大率が高く、見やすい
  • 見本通りになぞればいいだけ

問題点

  • 2次元表示であるため、遠近感がつかめない
  • ヘッドとカメラとの相対位置をしっかりと固定する必要があるため、固定具などが必要

使用したiPadは1レンズタイプのものです。2次元表示にしか対応できないため、筆先とドール表面との距離感がつかみにくく、筆による描写で何度か失敗してしまいました。

筆を使った場合、遠近感が乏しいために、うっかり筆を強く押しつけてしまう場合があります。当然穂先が膨らみ、線から大きくはみ出してしまうことになります。

そこで、iPadを見ながら描く作業は、線画だけとし、筆ではなく下描き用のペン(ドルフィーオンラインストアにて扱っている造形村下書き用メイクペン)を使えば、強く押しつけても、弱くても、大きくはみ出すトラブルは少ないと思います。

今回は、このペンを使っていないのですが、使われた方の記事を読むと、このペンは時間が経つと自然に色が消えるという優れモノのようです。(入手したら確認します)

なお、鉛筆や一般の水彩(サインペン)なども使ってみましたが、どちらも塩ビの上にはあまりきれいに色が載りません。

鉛筆は何度も重ね書きしないと色がつかず、水彩ペンは色がはじかれてしまい、水を使えば消せるものの、消した跡がうっすらと汚く残ってしまうことがあります。

まとめ:実際に線を引いてみると、一筋縄ではいかない

今回こうしたアプリを見つけられ、気持ちの上でだいぶ楽になりました。

ですが、実際に描いてみると、それまで気づかなかったいくつもの問題に直面しました。最初からアクリル絵の具で線を引いたのですが、何度か失敗したことで、そうした様々な問題に気づいた次第です。

次の段階に進みましたら、改めて記事をアップデートいたします。

関連リンク

iOS向けアプリのPhotoDiary紹介ページです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました