パーカー11回転ポーズ(水平)

pk11-0-eyes パーカー回転ポーズカテゴリー
pk11-0-eyes
スポンサーリンク

パーカー11回転ポーズは、両手を腰の後ろに組んだポーズです。 パーカー11回転ポーズ (水平)は、マネキンの目線の高さから撮影した、10度ステップ、180度回転のイメージです。

注※ 左右の腕が異なるポーズの場合は360度回転させ、左右対称の場合は180度とします。都合により180度から360度(0度)に回転させる場合もあります。

パーカー11回転ポーズ(水平)

解説

pk11は、両手を腰の後ろに組んだポーズです。

日常的に使われているポーズのひとつですが、使われる場面は限定的かも知れません。自然なポーズというより、どちらかというと意識して取るポーズのように思えます。

このポーズで連想されるのは「休め」です。両手を後ろで組んでしまうので、何か作業や動作をしているわけではありません。つまり、休んだり、待ったり、何かをじっと見ていたりという「(手では)何もしない」動作のひとつになります。

腕の形はそのままに、手を腰に当てるようなポーズにも使えそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました