イラスト素材メイキング(テーマ:ウイスキー)

イラスト素材集

小ビンに入ったウイスキーをアイコンにしてみました。

スポンサーリンク

制作プロセス

写真撮影

ビンが透明ということで、できるだけ映り込みがないよう、撮影ボックスを使い、白バックで撮影しました。

外形線

アイコンの作画には、ここしばらくクリップスタジオペイントを使い、できるだけリアルな表現をしてきました。

今回は、Affinity Designerを使い、プレーンな表現で仕上げようと思います。

いつものように最初は外形線を引きました。

パーツ分け

次に、色別にパーツを分けていきます。

Affinity Designerの場合は、パーツの外形線を描いてしまえば、外形線の有無や内部の塗りなどは後で簡単に、変更・調整が可能です。描きやすいところから、どんどん描いていきます。

塗り

感じをつかむために、一部のパーツに色を置いてみます。

ハイライト

ビンの蓋のてっぺんは光が当たって明るくなっています。この部分は、明るい色の長方形の枠を作り、重ねます。

長方形の透明度を調整。

長方形のレイヤーを、ビンの蓋のレイヤーの中に入れ、レイヤーマスクをかけます。

蓋の上部に明るい部分ができました。

ラベル

陰影のややこしいボトル本体は後回しにして、わかりやすいラベルを先に進めたいと思います。

ラベルについては、デザインをざっくりと踏襲します。ラベルの枠線には、ベクトル線をそのまま用います。

文字については、文字のレイアウトのためのラインを引き、

アーティスティックテキストツールを用いると、引いた線に沿って文字がレイアウトできます。

ラベル面はこのようになりました。

ビン本体

 透き通った琥珀色の液体の入った透明なビンは、光と影が複雑に入り組んでいます。ひとつひとつ観察しながら描きこんでいきます。

最初にベースカラーを置きます。実際よりも少し濃いめの色を置きました。こちらの方がウイスキーっぽいなと感じたからです。

周りの光を受けて、ビンの周囲が明るくなっています。この表現には、エフェクトの「内側の光彩」を使いました。

ビンの上部中央に色の濃い部分があり、忠実に描きこみます。この部分はエッジがはっきりしており、このエッジのせいで、ガラスの光沢感が出せます。

液体上部に特に色の濃い部分があります。

便の底は、3層に色が分かれています。上から順に描きこんでいきます。

次の色層は、若干グラデーションがかかっており、上部が明るくなっています。これはせりあがっているビンの底の中央部分になります。形を描いてから、グラデーションをつけます。

便の一番底の部分には、色の濃い部分があります。

ビンの肩の部分には、ハイライトが何本か入っています。この部分は、白線で描き、エフェクトにてぼかしを入れました。

フタのネジ山

フタのネジ山部分を描きこみます。ネジ山の方向に、明るい線と暗い線を引きました。

エフェクトでぼかしを入れます。

フタの面でマスキングします。

エンブレム

ウイスキーの名称をWhite Houseにしたので、エンブレムには、白い家のシンボルを入れたいと思います。

これで完成です。

ウイスキー・カラー絵文字アイコン・データ

アイコンデータを472角のPNGフォーマットで作りました。ご利用ください。

カラー絵文字アイコン・ダウンロードページでもダウンロードできます。

関連リンク

Affinity Designer

コメント

タイトルとURLをコピーしました