イラストのための和装ドール・ポージング(6)

着物・和服ポーズ

前回制作したドールの足ですが、足首が前後回転しかないため上手く立たせられないことがわかりました。そこで今回は、足首部分をアルミ線に代えたものを新規に作り直すことにしました。

スポンサーリンク

足先の再設計・制作プロセス

足の寸法については前回デザインしたものをそのまま使います。(図面は、前記事をご参照ください)関節部分のみアルミ線に置き換えます。

足首の細工

入手しやすいアルミ線は、1㎜、2㎜、3㎜などの1㎜ステップのものです。アルミ線の1㎜と2㎜では、その硬さがずいぶん異なります。今回の場合、1.5㎜くらいが適当なのですが、1.5㎜は入手性がよくないため、1㎜を2本束ねます。

足パーツの差し込み部分は、10㎜長、Φ4㎜の円筒形です。この部分には、Φ3.5㎜サイズの園芸用のソフトワイヤーの芯を抜いたものを用いました。

この被覆の素材はゴムです。非常に柔らかく、Φ1㎜のアルミ線を折りたたんだ2㎜幅の線材を簡単に押し込むことが可能です。また、脚側の挿入口への挿入もスムーズで、適度な摩擦があるため簡単には抜け落ちません。

足側の穴加工

Φ1㎜のアルミ線2本を差し込む穴加工にはミニルーターを用いました。こんな場面ではボール盤(電動、ハンドどちらでも)があれば作業性はかなりよいと思います。ミニルーターはパワーが小さいので、この程度の穴加工でも動けなくなり、回転がしばしば止まりました。

アルミ線の装着

アルミ線の差し込み深さは5㎜程度です。特に接着剤などを使う必要はなく、摩擦だけで十分固定されています。

足先の切削

足袋がはけるように角に丸みをつけていきます。最初の粗削り段階では彫刻刀を使いました。

次に、ざっくりとカットした面を、ルーターと紙やすりで仕上げました。

ここで一旦足袋をはかせてみます。親指と人差し指の間にスキマがないので、足袋の奥までは入り切りません。サイズ的には問題ないようです。

指の間のスキマはルーターで削りました。最初に鋸でざっくりと切り取ってもよかったかも知れません。

改めて足袋をはかせてみました。足袋の奥までは指が入らず、足袋の先端は空っぽの状態です。

足の指先が太いせいなのですが、リアルな足の指は意外と厚みがあるものです。高さ3㎜は実寸で2㎝弱に相当します。このサイズが入らないのは、足袋の方が小さいからです。

ミニチュアの限界かも知れませんね。これ以上を求めるなら、素材の足に布を貼るか着色を施し、足袋をはいた足として仕上げた方がベターかも知れません。

足袋の装着

とりあえず、足袋をはかせることができました。指先については、どうしても加工が必要な場面が発生した時点で加工を施そうかと思います。

完了

実際の人間のプロポーションに近い足のサイズだとこんな感じです。可愛らしさにはやや欠けるものの、私はメッチャ格好いいと感じました。バランス的にもより自然に見えます。

まとめ

今回の工作を通して得られたことをまとめておきます。

  • ドールの足首や手首用に、複数種類のアルミ線を用意しておいた方がいい。特にΦ1㎜~Φ2㎜は太さの異なるいくつかのバリエーションが欲しい
  • 今回加工したドルフィードールの差し込み穴はΦ4㎜で、取り付けるにはΦ4㎜の円筒形の素材が必要。代用できる素材はありそうでなかなか見つからない。今回は、園芸用のソフトワイヤー(Φ3.5㎜)の被覆を用いたが、高い精度、樹脂粘土などの素材で作る場合は、迷わず関節キットを購入した方がいいかも知れない。
  • MDF材は、細かな細工であっても彫刻刀とサンダー(ドレッサー)で十分仕上げられる。NTドレッサーなどは複数の形状のものが用意されているので、一通り揃えておきたい。

次回は、用意した着物を着せてみたいと思います。

関連サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました